So-net無料ブログ作成
検索選択

『猫語の教科書』 [猫本]

こんにちは。モッチです。

今日は、このブログを見てくれている猫のみんなに
あたしのおススメ本を紹介します。

猫語の教科書

猫語の教科書

  • 作者: ポール ギャリコ, スザンヌ サース
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 文庫

以前MMMさんがコメントに書いてくださったのがきっかけで、
どんも買って読んでいた本です。
で、あたしもこのあいだ、こっそり読んじゃった。

これ、猫が猫のために書いたマニュアル本なの。
「第1章 人間の家をのっとる方法」から始まって、
快適な生活を送るのに役立つアドバイス
いろいろと載っています。
人間を思いどおりに動かせないとお悩みのアニャタは、
一度読んでみるといいかも。
特に「第7章 魅惑の表情をつくる」は、実用的で
すぐに活用できる内容ですよ!

でもね、あたしはこの家に来る前に
ピンク・ママや、ほかの先輩たちにいろいろ教わってたから
ここに書いてあることは、だいたい知ってました。
どん家に来てからは、日々実践して経験を積んできたので、
応用テクニックだって、すっかり身についています。

たとえば……
冷蔵庫の上で寝ているときに人間が近づいてきたら、
コロンとひっくり返ってみせます。

 特にこのアングルで、どんはイチコロです。

 顔のお肉がはみ出しているのも、ご愛嬌♪

男性には、「じらし作戦」が有効です。
しばらくそばへ寄らずにいて、
久々に膝に乗ってあげたりなんかすると、
もうメロメロになっちゃいます。

みなさんも、自分の魅力に磨きをかけて
人間をどんどんトリコにしてくださいね。

 アニャタもがんばって!


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

『ノラや』 [猫本]

以前、ある方から薦められた本。
先日、近所の書店で文庫本を見つけたので、
買って読んでみた。


ノラや―内田百けん集成〈9〉  ちくま文庫

ノラや―内田百けん集成〈9〉 ちくま文庫


「百けん」という表記は、なんだか間が抜けているような……。
正式には「内田百閒」だけど、「閒」(門構えに月)は機種依存文字らしいので、
ちゃんと表示されていなかったらすみません。

この本には、猫の話ばかりが22篇集められている。
最初のほうのいくつかは戦前に書かれた作品で、
猫はどちらかというと不気味な存在として描かれているので、
文学として味わうならいいけれど、
“猫本”として読むにはちょっと……という感じ。
でも、「彼ハ猫デアル」以降の随筆はどれも、
失踪した愛猫ノラや、そのあとに姿を現したクルツに関する話で、
2匹に対する百閒の愛にあふれている。
猫と暮らす者として、
わたしはその愛の深さに圧倒された。

万万万が一、きなこもちが失踪したら、
わたしも百閒先生みたいになってしまうかもしれないなぁ。
(新聞広告は出せないし、お風呂には入るだろうけど。)
だからお願い、きなこもち。
家からいなくなったりしないでね。

 キナコや

 モッチや

 きなこもちや


  (↑)キナコにしては珍しいかっこうだったので、思わずパチリ。
     フラッシュを使っちゃった。ごめんね、きなこもち。


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

『キャットシッターの君に。』 [猫本]

「猫本」カテゴリの記事は
今までひとつしか書いていなかったので、
久々に。

先日、駅の本屋さんで見かけ、
タイトルに惹かれて衝動買いした1冊。

キャット・シッターの君に。

キャット・シッターの君に。

目次には、
「坪内さんのタマ」「中川家のウルメ」「堀さんのブチ」
……といった感じで6匹の猫の名前が並んでいる。
でも、それぞれが独立した話というわけではなくて、
全体がキャットシッターの女性を主人公とした
1編の物語になっている。

心に傷を抱えた主人公が、
シッター先の猫や飼い主との出会いを通して
少しずつ癒されていく……
こう書くと、「なんかありがちな話〜」って気がするけど、
いや、たしかにありがちな話ではあるんだけど、
カラッとしていてさわやかで、
でもあたたかさも感じられて、
読後は気持ちが前向きになれるし、
猫ってやっぱりいいなぁとも思えるし、
猫好きに悪い人はいないよねと自己満足に浸れるしで(笑)、
「猫ばか」がさらりと読むにはいい本だと思う。

個人的には「堀さん」のキャラが好き。
あと、最後に語られる
主人公のお父さんとウルメのエピソードには
思わず目がうるんでしまった。

 どん家のキナコ&モッチ

きなこもちも、いつか
キャットシッターさんのお世話になることがあるのかな。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫にかまけて [猫本]

ある方に「猫ばかのバイブル」だと薦めていただいた本、
『猫にかまけて』(町田康著/講談社)を読んだ。

猫にかまけて

猫にかまけて

猫との日常、出会いと別れを描いたエッセイなのだけれど、
読みながら、笑って泣いて、また笑ってまた泣いた。

きなこもちと暮らさなかったら、たぶんこんな素敵な本とも
出会えなかったんだろうなあ。たとえ出会えたとしても、
こんなに笑ったり泣いたりはできなかったかも。

あとがきの、ここの部分にぐっときた。
「(前略)……そうしていずれ別れなければならないのだから、
いまできることは最大限やっておこうと思うようになった。
ゲンゾーや奈奈に対しては彼らが最大限楽しく生きることが
できるように配慮しようと思うし、仕事については
ときに怠け心が起こっても、後で後悔しないように
全力で頑張ろうと思うようになったし、……(後略)」

わたしも、キナコにもモッチにも、楽しく幸せに生きてもらいたいと思う。
そして、自分の仕事もがんばらなきゃ、とも。

きなこもち専用通路
(向こう側はタンスと壁の隙間。アイロン台を立てかけてある)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。